肩こりを感じるのは日本人だけ!?

日ごろ、どんな職業の方でも肩こりに悩んでいる方は多いと思いますが、実は日本人だけが感じる症状なのです。
そもそも外国には「肩こり」という言葉はなく、肩周辺の筋肉が張っていたとしても言葉自体が存在しないため、自分の肩がこっていることに気づいていないケースが多いのです。
つまり、一種の「気づき」による精神的な疾患なのかもしれません。
この症状が広まったのは夏目漱石が書いた「門」という作品がきっかけという説があります。
人気の文豪が何気なく使った言葉が日本中に広まり、その結果、日本人は肩こりを気にし始めたというのです。
また、日本人は生活する上で、細やかな動作を日常的に行っています。
例えばお箸を使って食事したり、お辞儀や会釈をしたり、正座や胡坐を組んだりと上半身のみを動かす動作が多いですよね。
この上半身を細かく動かす動作が原因にもなります。
そして日本人は欧米人に比べて筋肉が少なく、なで肩の方も多く体格的な原因もあります。
改善方法は様々ですが、おうちで間単にできる方法としてはストレッチや、猫背を治す、マッサージなどあります。
まずは血行をよくすることが第一です。
肩周りの血行不良が原因で起こる症状なので血流をよくして、血液の流れにのせて老廃物を流してあげましょう。

生活習慣を改めて辛い肩こりを解消しましょう

肩こりは血流が悪くなる事で起こる症状です。
最初は肩周辺だけに症状がある程度ですが、これを放っておくとだんだん酷くなって、肩だけでは無く首や背中全体が凝るようになります。
そして更に酷くなると頭痛にも悩まされ、何をしていても気になってしまい、勉強や仕事に集中出来なくなってしまいます。
原因は長時間同じ姿勢でいる事や、パソコンやゲームによる目の疲れからくるもの、睡眠時に枕や寝具が体に合っていない等様々です。
また血流が悪くなるのはストレスも大きく関係しています。
肩こりを解消する為には、まず生活習慣を見直す事から始める必要があります。
勉強や仕事の合間にも休憩をしてリフレッシュしたり、姿勢に気を付ける事や、ストレッチや軽い運動で体を動かしたり、ちょっとした事でかなり解消されます。
辛い時は我慢をせず湿布を貼ったり、飲み薬を飲む等して対処をする事が大切です。
また血流を良くする食べ物を積極的に摂る事や、お風呂上りにマッサージをする事も効果があります。
肩こりはとても辛いものですが、このように少しの努力で改善できます。
しかしどうしても気になる様であれば、医療機関の受診や、整体を利用してみるのも良いかもしれません。

Valuable information

全国31ヶ所に任意売却相談センターがあります。

任意売却の無料相談

相談しやすい雰囲気づくりから配慮した事務所ですのでお気軽にご相談ください。

妻の浮気 弁護士

2017/10/10 更新



Copyright (C) 2015 つらい肩こりの解消法 All rights reserved.