肩こりになりやすい姿勢

肩こりになりやすい姿勢は、1番は猫背であるということです。
猫背は猫の背骨が曲がっているように、人間には正しくない姿勢をとっている人がなる姿勢です。
背骨がぐるりと曲がり、あまり印象も良くありません。
猫背になりますと、自然に肩がこるようになります。
正しく座ることなどができない人は直すようにこころがけましょう。
また、目を使う仕事をしていると視線が下がり、自然とそういう体勢になっていき、目も悪くなりますし、肩がガチガチになってすごく悪循環におそわれます。
そして、工場などで流れ作業をしている人はずっと同じ体勢だったりしますので、肩が凝りやすくなると思います。
ですので、仕事の合間などに休憩を入れ体を休ませることがとても大事なことになってきます。
あとは、育児などをしているママさんなどは、赤ちゃんを抱っこしていますのでよくない体勢になりますので正しい抱っこで、無理なく体を動かしていきましょう。
そしてストレッチなどをしてほぐすことが肝心です。

姿勢を変えるだけで肩こりは軽減される

肩こりとは、肩の筋肉が硬くこわばっている感じや、不快感、違和感、時には重さや痛みを伴う症状の事です。
一般的な症状であるにも関わらず、腰痛や頭痛同様に、その明確な原因が解明されていない病状の1つでもあります。
頭部、腕部を支える僧帽筋とその周囲にある肩甲拳筋肉、板状筋などが、持続的な緊張状態に置かれて硬くなり、血液や酸素の供給が阻害され、疲労物質が蓄積するので肩こりが起きる、と言うのが諸説ある中の一説であり、一般にも浸透している考え方です。
はっきりとした原因が判らない以上、確かな治療法が無く、ストレッチをしたり、肩が上がらないほど重度の場合には、筋弛緩剤の投与も行われます。
また、姿勢も大きく関係しており、いわゆる猫背などは、本来あるべき場所から骨や筋肉がズレた状態で固定される為、肩こり、腰痛などの不調が現れやすくなります。
しかし、姿勢を整えることを意識し、普段の生活でも常に心がける事で症状が快癒する場合もあります。

Favorite

Last update:2017/2/24



Copyright (C) 2015 つらい肩こりの解消法 All rights reserved.